【送料無料】Top Gear JAPAN トップギア・ ジャパン 037

¥ 1,400

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

2020/7/31発売予定です
それまでは予約注文となります

ジャイアントキラーの衝撃!MINI GP「トップギア・ジャパン037号」

今回は、新型MINIジョン クーパー ワークスGPが登場。小さくて万人に人気のあるミニだけれども、こちらはかなりのハードコア。ランボルギーニ ウラカンRWDと一緒に走ってみたけれど、ランボルギーニも困惑してしまったようだ。そしてもう一つの大きな特集が「ターボ」。ポルシェ911 ターボ Sが出たこともあり、ポルシェにかなりのボリュームを割いている。クリス ハリスによる、歴代911 ターボの中古車バイヤーズガイド、ターボのことが詳しくわかる、ターボ大全など、じっくり読んでほしい企画となっている。他にも、4月に惜しまれながら亡くなったスターリング モス卿の功績を振り返る企画がある。そして、異色なのが、UKからの日本取材による、日本のゲンツキだ。Webで展開した、「イギリスにも軽自動車を入れよう」という主張の記事は、とても好評だったが、今回もまた、かなりマニアック。かなり華やかなゲンツキが並んでいるが、たしかに、あまりお金をかけずに遊べる乗り物としては、希少なジャンルで、ちょっと盲点だった。しかしながら、自動車文化における、イギリスの(一部の)日本熱には、驚かされながらも、とても嬉しい。


MINI GP
余計なものは剥ぎ取らてパワーアップした。きっと、イシゴニスがずっと欲しがっていた姿だろう。しかし、見た目通りのワイルドな走りなのか?

ポルシェ911ターボ S
アメリカがロックダウンする直前に、新型ポルシェ911ターボで走ることができた。昔はでかでかと「ターボ」ってボディに描かれてたんだけどね。

ポルシェの格納庫
有名なポルシェ博物館(ドイツ・シュトゥットガルト)から近くににある非公開の建物で、ヒミツのポルシェたちがすやすやと眠っていた。

ターボ大全
2020年の今こそ知りたい、ターボのすべて。こんな時期だからこそ、お家にいながらにして、ターボ博士になろう。

スターリング モス卿
レーシングドライバーやグローバルブランドとして超一流、そしてクランペットが大好きなスターリング卿のストーリー。感動の嵐!

日本のゲンツキ
日本では、スクーターはまだお金が十分にない若者たちの遊び道具。修理もチューンアップも手頃にできるんだって。UKから日本に取材に行こう!

【トレンド レポート】
ダイソンの電気自動車
ダイソンが手掛けた夢の電気自動車プロジェクト。675億円をかけて挑んだが、失敗。社長自ら、解説してくれた。

DBXラインオフ・H.モーザー
アストンマーティンDBXがついにラインオフ。ラリードライバーの愛車にH.モーザーの漆黒の高級ウォッチ。

【ドライビング】
メルセデスAMG vsアウディ RS ハッチバック対決
400馬力超えハッチバック2台の対決。メルセデスAMG A45S +とアウディ RSQ3。小さいけど、パワフルさは負けちゃいない。

ベントレー・ディフェンダー
ベントレー コンチネンタルGT V8 コンバーチブル、ポルシェ タイカン ターボ、ランドローバー ディフェンダーをインプレッション。短評も4台。